憧れのパティシエになるには

パティシエ専門学校で接客やサービスが学べる理由

パティシエ専門学校で接客やサービスが学べる理由 パティシエ専門学校では、パティシエとして必要な製菓技術のほか、カフェなどのドリンクといったものも学べるところが多いです。
また、学校以外の場での現場実習を取り入れているところがあり、必然的にビジネスマナーや接客についてもカリキュラムに取り入れているところが多いようです。
そのほか、パティシエ専門学校で学園祭を通じて、自分たちの日ごろの成果を学外の人を招いて、実際に食べてもらったり、作ったお菓子を買ってもらったりするところもあります。
当然、学外の人と接するのでそういった学園祭の成功に向けてリアルな接客を行います。
このようにカリキュラムとして、あるいは行事を通じて接客やサービスを学べるようになっているというわけです。
姉妹校にビジネス系の専門学校をもっているパティシエ専門学校では、接遇やビジネスに関する検定試験を取得できるようなバックアップ体制を整えているところもあります。
将来お店を持つのであれば、お菓子の技術だけではなく、お客様との付き合い方も大切な要素です。だからこそカリキュラムに取り入れているのかもしれません。

パティシエ専門学校の座学で学べることとは?

パティシエ専門学校の座学で学べることとは? パティシエを目指す人間は、お菓子やパンの作り方だけを学んでいれば、立派なパティシエとして活躍できるわけではありません。
栄養学についての知識も無ければ、お客さんの栄養バランスを意識したパンやお菓子を作る事もできず、お客さんの体調不良を引き起こすになりかねないためです。
パティシエ専門学校であれば、一部の栄養の過剰摂取にならないように、お菓子を作るコツなども座学で習得する事ができます。
現在ではカロリーや糖分の摂取量を気にする人も増えているからこそ、上手く糖分などをカットしながら、美味しいお菓子を作るコツを学びたいと考える人も増えてきました。
そんな要望に応えるように、パティシエ専門学校では低カロリーのお菓子の作る際にコツなど、細かいところまで指導を行っています。
ダイエット中の人でも食べられるような、美味しいお菓子を作れるようになるだけで、多くの方々から注目されるパティシエになる事も夢ではありません。
座学では食品衛生を意識した在庫管理など、店舗経営に必要な知識も数多く指導してもらえます。
衛生管理に関する授業を受けておかなければ、独立開業が難しくなる場合もあるので注意が必要です。

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>パティシエ専門学校でお菓子作りに必要な技術を学ぶ
>パティシエ専門学校で資格取得して就職や開業もサポート
>スィーツづくり未経験でもパティシエ専門学校に行くことはできる
>製菓業界を目指すならばパティシエ専門学校へ
>パティシエ専門学校に通って学ぶメリットについて

◎2018/11/2

パティシエ専門学校の学費
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

教科書を購入する方法とは
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

資格「製菓衛生師」とは
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

パティシエ専門学校で学ぶこと
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

専門学校は1日何時間学習する?
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「スイーツ」
に関連するツイート
Twitter

スイーツ見てる時よくぶーりんあ・ら・もーどが頭の中で流れてる。

Amazon RUYSDAEL (ロイスダール) ギフト スイーツ お菓子 ロンジェ (R20) クッキー8種類42枚

いつもフリーなのに嬢にスイーツを差し入れするお客さんは、絶対「オキニ通い」はしない。というナゾの共通点があります。 多分ですが「みんなの良い人になりたい承認欲求」からでしょう。 知らない人に食べ物を渡さない方がいいっすよ。と言いたかったけど説教臭くなるのでやめました。

返信先:パフェに限らず、たまに、おシャンティなスイーツきになるよな‼️‼️😆😆😆

図書室でスイーツ部が飲み食いしてたんだろうな…