憧れのパティシエになるには

パティシエ専門学校の主な一年間のスケジュール例

主な一年間のスケジュール パティシエを目指す方であればいきなり実践の場で経験を積むというのは非常に難しく、パティシエ専門学校に通い技術を習得した上で就職していくことになります。その学びの場においてはおおよその年間スケジュールが決まっており、それはパティシエ専門学校を知る上でも非常に重要な要素となります。
基本的には1年ないし2年間のところが多く、そのスケジュールは入学までのところから知っておくと良いでしょう。入学前の段階としては、夏頃のオープンキャンパスから始まりそれとほぼ時を同じくして、各種入学試験の日程が開始されていきます。その後冬ごろまで何回かに分けて入学試験は開催されていきます。
入学すると、最初の半年間は菓子づくりの基礎知識を学ぶ座学とともに、その技術を習得していく実習が行われていきます。そして、後期に入ると実習の時間も増えていき、より高度な菓子作りの実習へと移行していきます。特に、実習の時間が非常に多く取られているので、菓子作りが好きな方が学ぶにはもってこいの場所だと言えます。

パティシエ専門学校の1日のスケジュール例

パティシエ専門学校の1日のスケジュール例 パティシエ専門学校というとパティシエになるための実技指導ばかりを受講しているというイメージがありますが、決してそれは正しくありません。パティシエになるためには、パティシエとしての心構えや歴史、文化といった座学も重要で、それらに関する講義を受講することも大切なこととなります。
パティシエ専門学校の1日のスケジュールとしては、午前中に座学を受講し、昼食をはさんで実技指導を受ける、というのが一般的なスケジュールとなっています。
実際にパティシエとして働いている先輩を招いての講演会や実技指導会、意見交換会などのメニューも用意されており、ぜひともパティシエとして大成したいと考える人には有益な内容ばかりです。
専門学校内では学修歴を超えて多くの学生がともに学ぶ機会も多いですので、お互いに磨きあいながら、修了まで学び続けることができます。モチベーションを維持しやすいカリキュラムは専門学校ならではの魅力ですね。

新着情報

◎2024/4/16

情報を更新しました。
>パティシエ専門学校への道とお菓子作りを楽しむための知識とコツ
>パティシエ専門学校選びとキャリアアップを支える就職サポートの重要性
>パティシエ専門学校と長期研修の魅力とその活用法
>パティシエ専門学校とフランスの深い関係に迫る
>パティシエ専門学校で学ぶ際の講師の重要性と選び方

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>パティシエ専門学校でお菓子作りに必要な技術を学ぶ
>パティシエ専門学校で資格取得して就職や開業もサポート
>スィーツづくり未経験でもパティシエ専門学校に行くことはできる
>製菓業界を目指すならばパティシエ専門学校へ
>パティシエ専門学校に通って学ぶメリットについて

◎2018/11/2

パティシエ専門学校の学費
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

教科書を購入する方法とは
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

資格「製菓衛生師」とは
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

パティシエ専門学校で学ぶこと
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

専門学校は1日何時間学習する?
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「パティシエ 専門」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他1お前は本当に残念な奴だな 個々人の選択を自分の物差しでしか考えられない それで思い込んで罵倒するしかできない 俺がどんな想いでパティシエを目指したのか、どんな想いで専門を選んだのか、どんな想いでその店で働くことを選んだのか、どんな想いで転職をしたのか…

中央調理製菓専門学校静岡校の学生さんとつながりたい。

スパ使い 製菓専門生ってだけで親近感 絶対大変だと思うけどめげないで欲しいなぁ でもぶっちゃけ俺はパティシエ辞めたいね!w

紅茶クッキーも抹茶クッキーもほうじ茶クッキーもクッキーならなんでも好きなので焼き菓子専門の専属パティシエが欲しい

人間関係上手くいかないなあなんて思いながらやっとの思いで小中高専門を卒業出来たけど、そんな奴が社会に出て上手くやれる訳もなくボーナスの出ない早朝から夜遅くまでサビ残パワハラはあるわ、仕事はろくに出来ないわケーキは落とすわのゴミパティシエ。よくバイト込半年もやれたね